NEWS
お知らせ

【DL学園で蘇る伝説】素でエグすぎたバトスタデー!

夏の魔物

8月8日、甲子園開催3日目。

噂には聞いていたが、暑い。とにかく暑い。冗談みたいな暑さだ。

僕自身は夏の甲子園を観に来るのは初めてだったが、オーナーの松本はかれこれ8年連続春夏甲子園を観に来ているらしい。どこの常連校だよ。

しかしまぁこんな暑さの中でプレーをする球児たちは大変だなぁ、なんてシロウト丸出し感想を持ちつつも、やはり生の甲子園は迫力が違った。

特に第二試合。6回裏を6−0で迎えた藤蔭は、この回一挙4点の猛攻撃で2点差まで追い上げた。なんの思い入れもない大分の高校だったが、思いっきり感情移入しながら応援していた。

結果的には負けてしまったが、甲子園で見たあの藤蔭ナインの姿を僕は忘れない。

ありがとう藤蔭!また会おう甲子園…!

甲子園

すっかり感傷に浸っていた僕に対して、8年連続春夏出場を果たしているオーナーの松本が、それこそ常連校の監督のような落ち着いた面持ちでこう言った。

「いよいよ明日が本番だな」

…危ない危ない。あまりにも熱い球児たちの夏を肌で感じすぎてしまったせいで、一瞬本来の目的を忘れてしまっていた。これが甲子園に住む魔物の仕業ってやつか。違うか。

はい、というわけでお待たせいたしました。

ここからは8月9日(野球の日)に行われた「バトスタデー」の様子をお届けします。

蘇る伝説

8月9日、午前9時。

住之江公園野球場に着くと、選手たちは既に練習を始めていた。

僕らもすぐに受付の設営やグッズ販売の準備をテキパキと進めたが、いかんせん暑い。蝉がうるさい。汗がすごい、ヤバい。

30分もせずに体力の限界を迎え、選手には申し訳ないと思いつつエアコンの効いた控室へと逃げ込んだ。

するとそこには、どこか懐かしい大西さんの姿があった。

DL学園ユニフォームを着た大西監督

1998年、夏の甲子園準々決勝。「横浜対PL学園」伝説の延長17回。

一瞬であの夏が蘇り、鳥肌が立った。

PL学園時代の大西監督

コレだよコレ!この姿をずっと見たかったんだよ僕らは!

たしかに、20年の時が経ち、ユニフォームもPL学園ではない。

だが、大事なのはそこじゃない。魂が震えるかどうかだ!外野は黙っとれ!

すっかり興奮しながらキャッキャと写真を撮っていると、今度は『バトルスタディーズ』の作者・なきぼくろさんがやってきた。

これは急いでお二人の写真を撮らねば、と意気込んでいたのですが…

名スカウトマン

どの写真にもなんか知らんおじいちゃんが間に入る。

ちょっと勘弁してくれよ〜仕事の邪魔しないでもらえる?他のおじいちゃんがプールの近くの木陰で将棋打ってたから混ざってきなよ〜、と声をかけようとしたところ、

なきぼくろ「井元さんが目をつけてくれなかったら、今の僕はいません」

大西「ホンマに井元さんがスカウトしてプロ行ったの何十人もおるもんな」

なんとこの方、かつてPL学園野球部のスカウトとしてなきぼくろさんをスカウトした井元俊秀先生(秋田・明桜高校副校長)でした!

話を聞いていると、あの「KKコンビ」をスカウトしたのもこの方だという。なんか知らんおじいちゃんなんてとんでもない、伝説のスカウトマンやないかいっ!!しかも83歳となった今でも高校野球の最前線で活躍中とか素でエグいっ!!心の声を口に出さなくて本当に良かった…。

(おじいちゃん呼ばわりしてすみませんでした!!!)

決定!球団公式キャラクター

試合開始まで1時間を切ったところで、お客さんも来場し始めました。

最近は、インターン生や桃山学院大学のボランティアで学生が手伝いに来てくれるので、僕らが受付やグッズ販売を全てやることもなくなりました。最初の頃なんてオーナー自らファールボール拾いに走り回っていましたからね。人手が増えて本当に感謝しています。

というわけで特にやることもないので観客席をプラついてみましょう。

まず目に飛び込んだのは来場特典。

前回のホーム開幕戦では『バトルスタディーズ』の第1巻を先着100名にプレゼントしていましたが、今回は…

バトルスタディーズ2巻

第2巻です!檜が表紙、映えますね!

さらに進むと、なにやら投票所が。

堺シュライクス公式キャラクターの最終投票

実はこの日、かねてからTwitterで公募していた「堺シュライクス公式キャラクター」の最終投票の日でもありました。

多くの公募の中から上位4つまでキャラクターが絞られ、来場者のみなさんに投票していただいた結果、初代公式キャラクターは「ライパチ」に決定しました!

今後の展開をお楽しみに!

しばらくすると、どこからか綺麗な歌声が。ゆずやコブクロを彷彿とさせるこのハーモニーはまさか…!?

秋休

毎度おなじみ「秋休」さんです。この日は特別に「栄冠は君に輝く」を歌っていただきました。

夏休みにも関わらずありがとう秋休!

1打席

ぼちぼち試合が始まる時間。

今回はホーム戦かつ特別なイベントということで、普段は絶対に入ることのできない神聖なグラウンドにも許可を得て潜入してきました。

DL学園のユニフォームを着て整列

大西さんはもちろん、藤江さんのユニフォーム姿もカッコイイなぁ。選手たちも似合ってる。キャプテンの布施だけは眩しいのかおもろい表情してんなぁ…

じゃなくて。

なきぼくろさん、なにしてますのん。すごく自然に混じってる。(写真右)

これは一体どういうことなのか。

――説明しよう!

2018年12月に行われた【監督×作者×球団オーナーによるスペシャル対談】の締めに、こんなやりとりがありました。

松本「ホーム開催でコラボ企画も考えているので、その時はよろしくお願いします!」

大西「その時はなきぼくろ君が始球式やな」

なきぼくろ「5億積まれても断ります(笑)」

先日のバトスタ対談

始球式は5億積まれても断りますと言っていたなきぼくろさん、現役時代のポジションでもあった“キャッチャーでなら”と引き受けてくれました。

というわけでこちら。

キャッチャーなきぼくろ先生

画になるなぁ〜!

でも困ったぞ。待ちに待ったバトスタデーの開始を告げるセレモニー。なきぼくろさんが投げないなら誰が投げるんだ?流石に選手にやらせるわけにもいかないし、そんな華のあるピッチャーなんて簡単には見つから…

ピッチャー藤江コーチ

いたー!藤江コーチ〜!

最近選手と一緒に練習してたら現役時代の感覚を取り戻し球速も上がってきた藤江コーチ〜!

普段選手をイジる姿はまるで輩だけどやっぱりマウンドに上がれば風格ある藤江コーチ〜!

ちなみに肩のあたり、よーく見てください。「蝶」です。華があるなぁ藤江コーチ〜!(言いたいだけ)

というわけでアナウンスが入ります。

――ピッチャー、藤江君。

――キャッチャー、なきぼくろ君。

――バッター、大西君。

ここでしか見られないプレミアムな「1打席デモンストレーション」いざ開幕!

*緊張感を味わうためにゆっくりスクロール推奨

大西監督

マウンドに立つ大西監督と守るなきぼくろ先生

投げる藤江コーチ

打つ大西監督

勝負は3球目、大西さんのライトへの打球で幕を閉じました。

本当にみなさん良い顔でいらっしゃる、ご馳走様です!

戻る大西監督

なきぼくろ先生と藤江コーチ

せっかくのイベントだしこのまま選手として試合に出る姿も見たかったけど、本人曰く「まだ仕上がってない、こんな状態で出場するのは選手に対して失礼だ」とのこと。

ストイック過ぎるぜ大西さん…!そこに痺れる憧れる…!

さぁここからは選手の出番。

なきぼくろさんの気合の入った声出しで円陣を済ませ、いざプレイボール!

いわばエゴとエゴ

今回の試合は「応援.TV」さんの協力の下、インターネットで生配信ですからね。

球場に来られた方、来られなかった方、みーんながDL学園のユニフォームを着て試合をする姿を見ています。なんなら作者のなきぼくろさんや講談社の方々まで来ています。

もう絶対負けられないよねこの状況。

1ヶ月前から煽ってきたし、クラウドファンディングの目標金額も160%の達成率出しちゃったし、このあとファンも交えて試合の打ち上げあるよ?酒も空気もマズくなるよね?

絶対に負けられない戦い

頼む!頼むから勝ってくれ!

という大人の事情を選手たちも薄々ではなく感じていたと後から聞きました。

肝心の試合はというと…(写真提供:香田さん

先発の亘輝

先発の亘輝を援護するかのように、3回裏に3点先取。

2点返され1点差になった4回表

安心も束の間、4回表に2点返され1点差。

とっつぁんこと神原のホームラン

追い詰められながらも、5回裏にはとっつぁんこと神原のホームランで再び引き離し4点差。

勝利を確信した堺シュライクスの選手たち

「勝ったな」「あぁ」

1点差に追いつかれた7回表

と勝利を確信していたら7回表で3点入れられ1点差。

辻田のタイムリー

8回裏、辻田のタイムリーで突き放す。

そして…

胴上げされるなきぼくろ先生

試合終了!

シーソーゲームでヒヤヒヤしたけど、5−7でDL学園の勝利!

勝った勢いのままになきぼくろさんを胴上げだ!

いやぁ…本当に勝ってよかったです。

全ての人に、ありがとう

すべてはダメ元のお願いから始まった。

たまたま『バトルスタディーズ』の話題で盛り上がっていた大西さんとオーナーの松本。

松本「PL学園の先輩後輩ということで、なきぼくろさんと繋がることはできませんか?」

不躾なお願いにも大西さんは応じてくれた。

そして、なきぼくろさんも快く引き受けてくれた。

「他球団がやっていない取り組みで球団を盛り上げたい」というオーナーの想い。

「栄光のユニフォームをもう一度見たい」という大西さん・なきぼくろさんの想い。

そして、その考えに賛同し、クラウドファンディングで支援してくださった方々の想い。

ここには書ききれないけれど、それら全ての想いが、今回の「DL学園のユニフォームを着て試合を開催する」というイベントを成功させたと思います。

改めて、今回のバトスタデーに関わった全ての人に感謝申し上げます。

選手たちにも「想いは形になる」ということが伝わっているかと思います。

こんな感じであとは集合写真貼っておけば上手くまとまるのかなと安易に考えてますので、この辺で締めます。

本当に、ありがとうございました!

DL学園ユニフォームを着て集合写真

おまけ

バトスタデーはまだ終わらない。勝利の後は、焼き肉だ!

ということで、クラウドファンディングで「笑ぎゅうの打ち上げ参加権利」にご支援いただいた方々と笑ぎゅうで大打ち上げ大会です。

肉を焼いたり話したりする中道君

中道君はお肉を焼いたり話をしたり、

お酒を付き合う亘輝

亘輝はお酒を付き合ったりしてましたが…

食ってただけの布施

布施は食ってるだけでしたね。

現場からは以上です。

おしまい。

一覧に戻る

おすすめ記事

カテゴリー

プロ野球独立リーグ堺シュライクス公式球団サイト│みんなでつくろう堺市民球団