NEWS
お知らせ

優勝目前!マジック点灯で大阪へ駆けつけたオーナーだったが…

9月24日15:00。

都内某所にある株式会社NOMALのオフィス。

 

普段どおり仕事をしていると、オーナーの松本が慌ただしく2階の会議室へと上がっていった。

うちの社長は今日も忙しく働いているな、僕も負けてられない!さぁがんばるぞ!という気持ちで仕事をしていると、2階の会議室にいる松本からLINEが来ました。

 

「アポがキャンセルになったから、10分で出るよ。カメラ持って」

 

 

どういう状況なのか知らんけど、こっちにも仕事があるんだし、そんないきなり言われても余程のことじゃない限り10分で仕事切り上げて外出するなんてことはできませんよ?と言ってやると、

 

「今日の試合でシュライクスがマジック1になった!明日優勝決まるかもしれない!」

 

あっ、余程の事態。これは行かなきゃね!

 

ということで、急遽マジックが1になったらしくオーナーに拉致られて大阪に向かうことになりました。

 

 

9月24日16:00 新大阪行きの新幹線内

正直、松本も悩んでいたらしい。

首脳陣で組んでいるLINEグループに連絡が入ったのがお昼前。

その内容は、今日の試合結果次第でマジック1になるから、松本オーナー大阪来てね!むしろ来い!というもの。

ここまで的確なスタンプの使い方ある?

 

たしかに明日優勝が決まるかもしれないけど、翌日の降水確率は90%。

しかもド平日なので、当たり前のようにお客さんとのアポが3件入っている。

 

チームの初優勝の瞬間は立ち会いたい…!けど、お客さんとの約束もあるし、雨で試合が流れるかもしれない。

自宅で頭を悩ませていた松本の背中を押したのは、他でもない妻からの一言だった。

 

「明日優勝の瞬間に立ち会えなかったとしてもさ、『その瞬間に立ち会おうとした』っていう姿勢が大事なんじゃない?お客さんとのアポは頭を下げれば延期してもらえるかもしれないんだしさ。行ってきなよ」

 

たしかにそうだ。優勝の瞬間は頭を下げても変えられない。

 

お客さんには優勝が決まったあといくらでも謝ろう。そして背中を押してくれた妻には、彼女が大好きなくず餅を買って帰ろう。

 

すぐに約束していたお客様に事情を説明した。

 

ありがたいことに、皆が口を揃えて「すぐに大阪に向かったほうがいい、気をつけて行ってきてくださいね」と後押ししてくれたそうだ。

 

そうやって、19の「果てのない道」が脳内再生されるなか、たくさんの人達に送られながら空港ではないけど新幹線のゲートをくぐってきたわけだ。

 

決断をした男の顔には一点の曇りもなかった。

ところで、良い感じのエピソードの腰を折るようで申し訳ないが、明日の降水確率が90%って話忘れてない?

「それは大丈夫、明日は晴れるよ」

まるで天気の子のように語る松本の自信には実績がある。

 

思い返せば今年の開幕戦。雨雲に囲まれて絶対に中止になるだろうと思われていたが、なんとか開催できた。
翌日のホーム開幕戦も同じく大雨予報だったが、予報とは打って変わってのカンカン照り。

 

そう、オーナーはいわゆる晴れ男なのだ。

 

その力はプライベートでも健在で、以前松本と雨季のシンガポールへ3泊4日で旅行へ行ったのだが、雨が降ったのは帰りの空港に向かうタクシーの中だけ。

 

しかも我々が帰国してからシンガポールは一週間雨が降り続き、「シンガポールの雨季をずらした男」として語り草になっている。

 

逆に弊社の平山が友人と3泊4日で沖縄旅行へ行った際には、全日雨が降っていたらしい。安心してください、今回平山は連れていきません。

 

9月24日19:00 笑ぎゅう到着

もはや前日入りでは恒例となった笑ぎゅうへ。

優勝の前祝いでもしちゃうか〜!くらいのテンションで東京から駆けつけたのだが、なにやら雲行きが怪しい。

 

店に着くやいなや、席にいた球団スタッフの伊藤ちゃんの第一声は、「え、ホンマに来たんですか?」だったし、普通に仕事をしていた大西さんからも「明日?試合無いで?」と言われる始末。

 

おやおやこれはどういう状況かな?

 

伊藤ちゃん曰く、「グラウンドの状態は雨で酷くなってて、経験上明日の試合は中止になる」とのこと。

 

いやでも、晴れ男の松本さんが来たんだよ?たしかに今は夜通し雨が降り続く予報になってるけど、肉焼いてる間に天気予報が変わるかもしれないからさ、果報は寝て待てじゃないけど、とりあえず笑ぎゅうのおいしいお肉を食べましょうよ。

 

まさか仕事キャンセルしてまで大阪に焼肉食べに来ただけ、なんてことにはならないでしょうよ。

 

 

結果から言うと、仕事をキャンセルして大阪に焼き肉を食べに来ただけになってしまった。

 

 

雨天中止。

 

いくら松本が晴れ男だとはいえ、そんなものはただのジンクスであり、こうなる可能性は十分にあった。

その可能性を踏まえたうえで、お客さんとのアポをキャンセルしてまで優勝の瞬間に立ち会う可能性に賭けたのだ。

だから、大阪に来た決断に対してつべこべ言うつもりはない。ただ悔しいだけだ。

 

その悔しさを忘れるためにはどうしたらいいか、僕らは知っている。

肉を喰らい、酒を呑む。そう、やけ酒だ。YAKEZAKEバンザイ!

 

仕事を終えて私服に着替えた大西さんも、僕らのYAKEZAKEに付き合ってくれた。

その優しさが身に沁みて涙が出そうになった。

 

まさに青天の霹靂

いいくらいの時間が経ったころ、大西さんのふとした発言から新展開が生まれる。

NOMALの平山2

「まぁホンマのこと言うと、明日試合があって勝ったとしても、優勝ちゃうねんけどな」

ん?

NOMALの平山2

「そうなんですよね。だってまだマジック2やし」

んん?

 

なんだこの怒涛の展開。

 

え、明日勝ったら優勝だから大阪に前乗りしたんじゃないの?どういう事?

NOMALの平山2

「今日の和歌山との試合、勝ってたらマジック1やったんですけど、引き分けだからマジック2なんですよ」

マジックの細かいルールまでは把握していませんが、要するに、あと2回勝てば優勝!ってことですよね?だからあと2回勝てば…2回?え、マジック2なの今。なんで大阪来たの?

NOMALの平山2

「だって、みんなが来いって言うから!」
NOMALの平山2

「たしかに来て言うたけど、これまだ試合始まる前やからね」

 

たしかに試合開始前の時間だ。

ちなみに試合が終わったのは15時。

つまり、マジックが1じゃなく2だったことは、15時過ぎには分かっていたということだ。

 

そういえば松本から「10分で準備して行くぞ」って声かけられたの何時だっけ…と思い、LINEを確認してみると、

余裕で試合終わっとる時間やないかい!!ふぁー!!

NOMALの平山2

「だって、みんなが来いって言うから…」

こんなに窮地に追い込まれているオーナー初めて見た。

一旦状況を整理するとこういうことです。

 

 

ちなみに彼は行きの新幹線でこんな事を呟いていました。

 

 

どうなるかわかってるんだって!

どうやっても明日の優勝はないの!!

だってまだマジック2なんだもん!!!

こんな機会滅多にないですからね、積極的にイジっていきますよ。

 

というわけで、みなさん。

オーナーがうっかり早とちりで大阪に前乗りしてしまうほど、堺シュライクスの優勝は目前!

マジック2です!

 

 

堺シュライクス初の優勝の瞬間まで、来られる方も来られない方も応援の程よろしくお願い致します!

 

おまけ

やけ酒が効きすぎたのか翌朝まったく起きれず、昼過ぎになって嫁へのお土産をしっかり買って帰る松本なのでした。

本文内で使われていたLINEスタンプはここから購入できますよ!

購入はこちら!

一覧に戻る

おすすめ記事

カテゴリー

プロ野球独立リーグ堺シュライクス公式球団サイト│みんなでつくろう堺市民球団