NEWS
お知らせ

堺シュライクス×漫画「バトルスタディーズ」が夢のコラボ!

【BATTLE STUDIES】

この度、堺シュライクスと週刊「モーニング」(講談社)で連載中の漫画『バトルスタディーズ』(なきぼくろ)が公式パートナーシップを締結することになりました!パチパチパチ!

今もっとも熱い野球漫画とコラボできるなんて、本当に!光栄です!素でエグい!

この経緯は、「大西監督×なきぼくろさん×オーナーの松本」という形で対談が実現したので後日アップします。お楽しみに!

大西監督×なきぼくろさん×松本オーナーで記念撮影

そして、なんと3月22日(金)発売最新刊18巻には、堺シュライクス大西宏明監督なきぼくろさんPL学園先輩後輩、夢の対談が収録されます!

これは買うしかない!

17巻はアッツアツの快苑戦真っ只中だもんなー早く続きが読みたい!

…ちょっと待て、今なんて言った。

読んだことがない…だと…?

「バトルスタディーズ」を読んだことがないだと!?

も、もしそんなことがバレたら、普段は温厚な烏丸さんに半殺しにされるよ!

それか「金川・藤巻コンビ」が喝入れに来るよ?あの二人は常にガチだよ!!

……興奮のあまり、内輪ウケで恐縮ですが、「バトルスタディーズ」を知らない方、野球をやったことがないという方、そもそも漫画をあまり読まないという方へも是非おすすめしたいので、「バトルスタディーズ」のあらすじや魅力を簡単にではありますが、紹介したいと思います。

*この記事は極力ネタバレがないように書いていますが、「少しでもネタバレが嫌だ」という方は、今すぐ書店に向かうかAmazonなどでポチってください。一番下にAmazonへのリンクを貼っておきます。

【あらすじ】

主人公・狩野笑太郎が、あこがれの野球名門校であるDL学園に入学するところから物語は始まります。

DL学園は、大西監督&なきぼくろさんの母校である「PL学園」がモデルとなっています。

バトルスタディーズ01

野球をやったことがない人でも、名前くらいは聞いたことがあるはず。

「桑田・清原のKKコンビ」とか、伝説の延長17回「PL対横浜」とか。

そんな超名門高校野球部のタブーな裏側と、人生の全てをかけ甲子園を目指す高校球児たちを描いた熱すぎる漫画、それが「バトルスタディーズ」です。

【ここがすごいよ!バトルスタディーズ】

「その1 作者が元PL学園野球部」

作者のなきぼくろさんは、PL学園野球部のレギュラーとして、2003年夏の甲子園に出場しています。

そこで得た経験をもとに描いているから、説得力があるわけですね。

ちなみにこの作品は、なきぼくろさんにとって初の連載作品となっています。凄っ。

「その2 PL学園の裏側がリアルに描かれている」

主人公・狩野笑太郎を含めDL学園野球部の生徒は、寮で生活することになります。

入寮初日に「指導員」である2年生に言い渡される規則を記した、通称「1年生ノート」の内容に衝撃が走る。

バトルスタディーズ02

小さく横に書いてある「いつでもカンシされてると思え!!」とかガチじゃん。

上にも書いてある通り笑顔禁止なので、うっかり笑ってしまうと上級生がザワつきます。

バトルスタディーズ03

笑った直後に上級生から発せられる凶々しいオーラ。ピトーかよ。

この日は入寮初日で「お客様期間」だったため笑太郎くんは生き延びますが、代わりに指導員である2年生が犠牲となります。

バトルスタディーズ04

笑ったやつの代わりにタイキックを喰らうこの光景を見て、すっかりビビってしまったメガネくんは、この日の夜に脱走します。

入寮から4日間の「お客様期間」を過ごした1年生。

では入寮1週間後の生活を見てみましょう。

ーーーーーーーーーーーーー
・9:00〜19:00 練習
・19:00〜23:30 炊事当番
・23:30〜1:00 洗濯
・1:00〜2:30 ロッカー当番
ーーーーーーーーーーーーー

はい?

見ただけでゲロ吐きそうです。

1年生は練習後に「炊事当番」「洗濯」「ロッカー当番」などの仕事があります。
すべて終わらないと寝ることはできないため、仕事が遅ければ睡眠時間はどんどん削られていきます。

なかでも「洗濯」は、1年生だけで居られる貴重な時間でけっこう重要なシーンが多かったりするので要注目。

バトルスタディーズ05

体罰や暴力厳禁の昨今では信じられない情景ですが、かつてはこういうスパルタも日常茶飯事だったとか。

現に冒頭でお伝えした対談で「ホンマよう描いたなぁ(笑)」と大西監督の口からこぼれるほど。

【キャラが濃いよ!バトルスタディーズ】

この漫画を読んでて思うのは、出てくるキャラが濃いなーということ。

なんか小さい猿を肩に乗せてる鬼以上に怖いコーチや、ロン毛の三つ編みでハイエース乗ってそうな寮監など、個性豊かなキャラがたくさん出てくるので要チェックです。

ということでざっくりと主要キャラを紹介したいと思います。

「主人公・狩野 笑太郎(1年)」

中学時代通算本塁打数36本、中学日本代表主将として世界大会優勝をはたした。
全国の野球名門校からの勧誘を断り、DLへの進学を決めた。
DL入学へ全てを捧げた生粋のDLマニア。

バトルスタディーズ06_笑太郎

ちなみに下のエピソードは、作者なきぼくろさん自身の実話がもとになっています。

バトルスタディーズ07

「主将・烏丸 学(3年)」

DL学園野球部第78代主将。あだ名はカラス。

バトルスタディーズ08

俊足巧打の1番打者で、「カリカリカリ」とバットを引きずりながら打席に入ります。

上の画像で烏丸が胸を掴んでいるのは、PL学園野球部の伝統的なしぐさを再現しています。

普段は温厚で仲間からも絶大な信頼を得ていますが、1年生の洗濯が下手くそでユニフォームが虎柄になってしまい、笑いものにされたときにはブチ切れています。

バトルスタディーズ09

「エース・金川 春馬(3年)」

エースで5番打者。MAX155㌔の豪腕。基本的に口が悪いです。

マウンドに上がれば空気が変わる、まさしくDLのエース。ただし、とにかく口が悪い。

バトルスタディーズ10

ちなみに金川が嫌いなものは「空腹・雨・いちご」

その全てがそろっていたある日の夕食、ひょんなことからブチ切れます。

一度キレると手がつけられません。

バトルスタディーズ11

「檜 研志(1年)」

中学日本代表のエース。通称「祇園の星」。

捕手である狩野笑太郎とバッテリーを組むためにDL学園に入学しました。

バトルスタディーズ12

実力は折り紙付きだが、性格に難ありでメンタルが弱い。

中学時代の仲間に彼女とのプリクラを人質に取られた試合ではメンタルが崩壊するなど、けっこうアホである。

バトルスタディーズ13

「毛利 阿黙夢(あだむ)1年」

今まで出場機会が少なかった毛利だが、1,2年生だけで出場した私学大会でチャンスをものにし、覚醒します。

覚醒後、野球の神様「正岡子規」が見えるようになるくだりが、個人的に大好き。

前述したエース・金川が恐すぎて、勝手にサインをはき違え暴走するシーンは何度見ても笑えます。

バトルスタディーズ14

バトルスタディーズ15

【試合がとにかく熱い!バトルスタディーズ】

冒頭で「今もっとも熱い野球漫画」とか言っときながら、ここまでほとんど野球のシーンがなかったですね、すみません。

当然、試合も熱いんですよ!

ここでは、何度読んでも面白い「兵安戦」を少しだけご紹介します。(単行本8巻〜)

兵安には春の選抜大会決勝で敗れていて、いわゆる因縁のライバルというやつ。

バトルスタディーズ16

マウンドで崩れる金川。

この日以来、自責の念に駆られ、来る日も来る日も自問自答しながら走り続けました。

そんな因縁の相手との試合を目前にしたある日、エース・金川が怪我をします。

エース不在で挑むライバルとの試合。

バトルスタディーズ17

バトルスタディーズ18

センバツ優勝投手、平に苦しむDL打線、金川も認めるホンモノの漢「海坊主」早乙女。

そして、降りしきる大雨で中断する試合…

っっと!これ以上語るとネタバレになってしまう!!

本当に読んでほしい!!!

烏丸の「すまん」や、4回裏の古谷の打席、 そして、マウンドへ向かうあの男…

だめだ、もう一回読み直す。すんません!ちょっと休憩入ります!←

【野球以外も面白い!バトルスタディーズ】

(…2時間経過…)

いやーーー面白かった!もう最っ高!

気を取り直して続きをやります。

全体を通じてギャグ要素が強く、笑えるシーンは多いんですが、特に好きなのが「水」のシーン。

1年生ノートにも描かれていますが、「水は食事の時以外禁止」というルールがあります。

とはいえ、水を飲まなきゃ死んでしまうので、「上級生が見てないところでいかに給水できるか」が、生死を分けることになります。

学校が終わり次第2km離れたグラウンドまでレースをする「べべ3」もあるため、夏は特に水不足。

バトルスタディーズ19

上級生が来るまでのわずかな時間に水を飲まなければ、みんなミイラになっちゃうよ、というこのシーンが大好きです。

いざという時のライフハックにもなります(ならない)。

バトルスタディーズ20

右に書いてある渇き指数にも注目だ。

【そして…】

夏の甲子園まであとわずか、寮の庭で見つかった煙草の吸殻。

DL学園野球部に不穏な空気が漂い始める。

バトルスタディーズ21

どうなるDL学園!?

【さいごに】

いかがでしたでしょうか。

極力ネタバレしない形で「バトルスタディーズ」の魅力をお伝えしました。

記事を書く手を止めて、思わず読み返してしまった兵安戦。

実はこの試合、春季近畿大会での一戦なので、夏の甲子園とまったく関係がないんですよね。

この試合に勝ったら甲子園に出場!とか、そういう試合ではないんです。

けれども彼らは、この試合に全てをかけて挑みます。

そこで死んでもいいとさえ思わせるような、狂気じみた熱量が込められています。

まるで戦争ですよこれは。

変わらない日々の淡々とした生活の中で、いつしか忘れてしまったあの頃の熱さ。

野球をやっていたとかやっていなかったとか、そんなことは全然関係なしに魂を震わせてくれる。

そんな熱さが「バトルスタディーズ」にはあります。

堺シュライクスも、応援してくださるファンの皆様の魂を震わす、そんな球団になれるように精進していきます。

これからチケットやポスター、または企画などで「バトルスタディーズ」とどんどんコラボしていきます!

球場に足を運んでくださる方が、例えばチケットを見て、「あ!笑太郎だ!」「金川だ!」となっていてくれるようなことになれば、こんなに嬉しいことはありませんね。

おしまい

▼「バトルスタディーズ」がちょっとでも気になった方へ。
モーニングの公式サイトで1話が無料で読めるので是非読んでみてください!
公式サイトはこちら

最新情報は「バトルスタディーズ」公式SNSで!
▼Facebook
https://www.facebook.com/battlestudies1/
▼Twitter
https://twitter.com/battlestudies1
▼Instagram
https://www.instagram.com/battlestudiesofficial/

▼「バトルスタディーズ」1巻をご購入の方はこちら

▼「バトルスタディーズ」全巻セットをご購入の方はこちら

一覧に戻る

おすすめ記事

カテゴリー

プロ野球独立リーグ堺シュライクス公式球団サイト│みんなでつくろう堺市民球団