オフィシャルトップスポンサー株式会社NOMAL 様

株式会社NOMAL
NOMAL吉田

株式会社NOMALのオフィシャルトップスポンサー企業インタビューです。

ある日突然、友人が野球チームのオーナーになる

ぼくの友人は社長をやっている。

小学校からの同級生で、大学時代もよく遊んでいた。
大学生活が終わり、僕は地元である青森に帰り彼は東京に残った。
それでも年に2回以上は必ず会っていたので、かれこれ20年来の友人と言える。

そんな彼から、ある日突然「野球チームのオーナーやるわ」と連絡があった。

東京で社長をやっていることは聞いていたが、正直どんな会社なのかも知らず、そのうえ野球チームのオーナーになると言い出した。
悪い大人に騙されてるんじゃないかと不安になった僕は、話を聞くために友人の会社を訪ねてみることにした。
もし上手い話に乗せられて騙されてるようならぶん殴ってでも目を覚ましてやる、それが20年来の友人として僕にできることだ。

東京都中野区、東中野駅。
駅前の小さな商店街をぬけた所に友人の働くオフィスがあった。

「株式会社NOMAL」

以前から気になっていたのだが、ノーマルのスペルって「NORMAL」だよな。
“R”が足りてない。
まさかモーニング娘。の「。」を当時ASAYANで司会だったナイナイの矢部浩之が「。は要ります!」と答えてしまったから「。」が付いた、的なエピソードがあるのだろうか。あとで聞いてみよう。

暮らしをアートに

オフィスに入ると女性に「松本は上の階にいます」と案内された。
そこで階段の壁に描かれた絵が目に入る。

WASABI担当のNOMAL平山

NOMAL吉田

すごいなーこの絵。なんの絵か全然わかんないけど、これがアートってやつですか
NOMAL平山

この絵は弊社の事業のひとつなんですよ
NOMAL吉田

え?この絵が?
NOMAL平山

そうなんです、オフィスがただの働く場所じゃなく、その会社の理念とかビジョンだったりをアートとして描き、それを見て社員が生き生きと働けたら良いなぁという想いでやってます、私が
NOMAL吉田

え、あなたが?描いたの?
NOMAL平山

いえいえ、この絵を描いたのはアーティストさんで(笑)
NOMAL平山

一応、WASABI WORKING WITH ARTという事業の責任者やってます、平山です
NOMAL吉田

あ、偉い人だったんですね。

後日ホームページで調べてみると、オフィスの壁にアートを描く「WASABI WORKING WITH ART」の他にも、アーティストの描いた絵やアートな雑貨を通販で取り扱う「WASABI」という事業もやっていた。
どうやら、日本でもアートをもっとカジュアルに楽しむ文化を作りたいというビジョンでやっているらしい。
新しい文化を根付かせようとしてるなんて、なにそれすごくカッコイイ。

WASABI

WASABI WORKING WITH ART

アートが描かれた階段を上り、友人のいる階へと向かう。
階段を上りながらアートを眺めたが、改めてなに描いてんのかよく分からなかった。
よく分からなかったと言えば、あれは中学3年生の時、青森の真冬の2月に友人である松本からもらった誕生日プレゼントは、灯油の給油ポンプだった。
当時もそうだったが、いま思い出してもよくわからない。

ひとりで悩む、すべての人に

そんなことを思い出しながら階段を上っていると、思わぬ友人と再会した。
コンちゃんだ。

NOMAL近藤

あれー!ひさしぶり!
NOMAL吉田

おー!コンちゃん!結婚式ぶりか!

コンちゃんこと近藤雄太郎。
以前、松本の結婚式で1度会っただけだが、2次会でなぜか意気投合して(というか珍獣でも見つけたかの如く一方的に話しかけてきて)すっかり仲良くなっていた。
1度しか会っていないが、コンちゃんもまた“よく分からない人”という印象だ。

Reme担当のNOMAL近藤

NOMAL吉田

そういえばコンちゃんも一緒に仕事してるんだもんね
NOMAL近藤

そうそう、あ、チョコパイ食う?
NOMAL吉田

ん?あ、ありがとう。仕事?だよね、オフィスだし
NOMAL近藤

ちょっと打ち合わせでねー
NOMAL吉田

そーいやコンちゃんってなんの仕事してるんだっけ?
NOMAL近藤

ぼく?ぼくはReme(リミー)っていうサイトを運営してるよ
NOMAL吉田

コンちゃんも偉い人!?リミーってなにやってるの?
NOMAL近藤

んー、簡単にいえば、ちょっと病んでる人が気軽に専門家と繋がれるサービスかな
NOMAL吉田

へぇーなるほどね(よくわかってない)
NOMAL近藤

たとえば、“約1000万人”。これなんの人数かわかる?
NOMAL吉田

(なんか急にクイズ始まったな…)
NOMAL吉田

んーなんだろ。ポケモンゴーを今もプレイしている人数とか
NOMAL近藤

そうなの!?
NOMAL吉田

いや、知らんけど
NOMAL近藤

なんだよ!これは日本国内のうつ病患者とその予備軍の数なんだ
NOMAL吉田

え、そんなにいるの?
NOMAL近藤

一説によると、ね。でも、実際に医療機関に行く人はこのうち100万人前後。ほとんどの人が心になんらかの問題を抱えながらも、専門家に相談することなく過ごしているんだ
NOMAL近藤

いま、自分は大丈夫とか思わなかった?例えば、恋愛がうまくいかないとか、上司とソリが合わないとか。そういう悩みが積み重なって病んじゃう人がたくさん居るんだよ。そんな日常の悩みをパソコンやスマホから気軽に相談できるのが“Reme”なんだ。しかも24時間365日
NOMAL吉田

いつでも!すごいねそれは
NOMAL近藤

臨床心理士、看護師、キャリアコンサルタント、ソーシャルワーカーとかいろんな専門家がどんな小さな悩みでも答えてくれる。それが“Reme”なんだ
NOMAL吉田

(それがRemeなんだ何回いうねん…)
NOMAL近藤

相談できるだけじゃない、コラムや当事者インタビューなどの1000を超えるオリジナルコンテンツも読むことが出来るんだ。そういうコンテンツを読むだけでも悩みやモヤモヤを解決できるからね。もし解決できなくててもすぐに相談できる。それが…
NOMAL吉田と近藤

Remeなんだ、ね

軽く質問したが最後、すごい勢いでRemeに対する熱い想いを語ってくれた。

後日ホームページで知ったことだが、コンちゃんには中学3年生の時に、幼馴染でもあり初恋の相手でもあった女の子が自殺してしまう、というショッキングな過去があった。
「もし、その子が気軽に相談できる環境があったら…」
この原体験がもとになり、Remeを立ち上げた。
だから「いつでも」「気軽に」相談できる場所を作ったのか、とコンちゃんとのやり取りを思い出した。

ちなみにRemeには「何度でも(Re)自分(me)の人生に期待できる人を増やしていきたい」という想いが込められているそうだ。
カッコイイじゃないですか、近藤さん。

Reme

WASABIの平山さん、Remeのコンちゃんから色々な話を聞けてとても有意義な時間を過ごせました。
青森のみんなに良い土産話が出来たな。
ありがとうございました。Thank you TOKYO!
そこにLINEの通知が1件。
「今すぐ屋上に来い」

こいつはうっかり。友人に会いに来たのを忘れてた。
そうだ、松本が野球チームのオーナーになるとか言うから、騙されてるんじゃないかと心配で東京まで来たんだった。
Thank you TOKYOとかやってる場合じゃない。
急いで屋上へと向かう。てか屋上まであるのかよ。

NOMALとは

NOMAL松本

遅いわ!笑
NOMAL吉田

すまんすまん、平山さんとコンちゃんに捕まって話聞いてたら遅くなった。それにしても、いろんな事業やってんだなぁ、ますます何やってる会社か分かんなくなったわ
NOMAL松本

うーん、それぞれやってる事は違うけど、やりたい事は一緒なんだよ
NOMAL吉田

というと?
NOMAL松本

それぞれがやりたい事をやって、自分の人生に期待できる人を増やす。これがNOMALのビジョンなのね
NOMAL松本

だから、野球チームの件も同じでさ。独立リーグなんだけど、ここからプロを目指す人、野球人生の最後を賭けてこのチームに来る人。いろんな人が集まるだろうけど、共通で“自分の人生に期待する人”が集まってほしいと思ってるのよ。
NOMAL吉田

自分の人生に期待する人…か。そういやコンちゃんも同じようなこと言ってたな
NOMAL吉田

じゃあ悪い大人にそそのかされてやってる、とかそういう話ではないんだな?
NOMAL松本

なんの話?笑
NOMAL吉田

いや、気にしないで。でもまぁ安心したわ。要するに、NOMALって会社はいろんな事やってるけど、自分の人生を楽しむ人を増やしたい。そのために、まずは自分たちが楽しみながら仕事をして、そういう生き方を世の中に広めていきたい、ってことだな
NOMAL松本

キレイにまとめてくれたね−!そゆこと!
NOMAL吉田

よく分かったわ。あとひとつ気になってたんだけど、NOMALのスペル、“R”が抜けてるよな。なんか意味あるの?
NOMAL松本

さすが!そこはですね、Restrictって単語が“制限する”っていう意味で。その頭文字の“R”を取る、つまり制限を取っ払うという意味でつけた訳ですよ。
NOMAL松本

制限を可能性に、可能性を当たり前に。ってな!
NOMAL吉田

なんかまた良いフレーズ来た!でもそのドヤ顔やめてなんか腹立つ
NOMAL松本

たまにはな!笑

代表取締役のNOMAL松本

ふと、ここを訪ねた理由を思い出して恥ずかしくなった。
振り上げるはずだった拳は、固い握手へと変わっていた。
一緒になって馬鹿やったあいつが父親のあとを継いではいないけど一人前の社長さんになっていた。
夕暮れも相まって、なんだか眩しく見えた。
東京にもあったんだ、こんなきれいな夕陽が。
言うほどきれいでもなかったが、聞き覚えのあるフレーズを思い出した。

NOMAL吉田

じゃ、そろそろ帰るわ
NOMAL松本

おう、また正月だな

なにかと縛りが多く生きづらい現代社会。
制限だらけの世の中で、その制限を取っ払い可能性を感じながら生きていこうぜ、というさまに、嫉妬さえ覚えるくらいに格好良いなと思えた。

帰りには2人も見送りに来てくれた。
またいつか、と2人は言った。
もう来ることもないだろうなと内心思ったが、そのうちね、と返した。
今度こそ、Thank you TOKYO!Thank you NOMAL!

その時の僕は「そのうち」この会社で働くことになるなんて知る由もなかった。

おしまい

取材を担当したNOMAL吉田

株式会社NOMAL様のWEBサイトへ

NEWS-ニュース-

開く